不遇な辺境伯令嬢は冷徹な騎士団長に求婚される

不遇な辺境伯令嬢は冷徹な騎士団長に求婚される

「俺の大切な人に指一本触れさせるわけにはいかない」婚約者の愛に守られて、魔力を秘めた令嬢は悪に立ち向かう。

両親を事故で亡くし、父の代理でラムド辺境伯を治める叔父の家で冷遇されて育った18歳のメルテンシア。舞踏会デビューのために王都へ出向き、離れて育った兄のルドルフとの再会を喜ぶ。全寮制アカデミーを卒業し、皇室第一騎士団に入団したルドルフは、国王の拝命により正式にラムド辺境伯を継ぐことに。そのとき、同席していたルドルフの友人で、騎士団長でもある第三皇子・エドワードから結婚を前提とした交際を申し込まれる。エドワードは世間では「冷徹な騎士団長」として恐れられていたが、メルテンシアには甘くやさしく、二人は徐々に距離を縮めていく。この成り行きを快く思わない叔父一家は、不穏な行動を起こし始め、やがて彼らによって悪魔が呼び覚まされる。メルテンシアはエドワード、ルドルフたちとともに悪魔を封じようと決意するが……。

作品情報

ご購入は電子書店へ!

COMING SOON 今しばらくお待ちください